Google AdSense レスポンシブ広告の縦長広告を出さないようにする&全幅表示をやめる方法

Google AdSense のレスポンシブ広告を貼り付けたところ、スマートフォンで見ると縦型の広告が表示され、スマホ画面の大部分を占めてしまったため AdSense のコードを修正しました。

ちなみに「レスポンシブ広告」とは、様々な幅に合わせて広告の縦横が伸び縮みする便利な広告です。

レスポンシブ広告の作り方

ちなみにレスポンシブ広告作成の手順は次の通りです。

  1. Google アドセンスの管理画面で「新しい広告ユニットの作成」→「ディスプレイ広告」をクリックする。
  2. 広告ユニットの名前を入力。
  3. 広告サイズで「レスポンシブ」を選択する。
  4. 作成をクリックする。
  5. 広告ユニットコードをコピーして、自分のブログの広告を表示したい位置にペーストする。

生成される広告ユニットコード(HTML)

生成される広告ユニットコード(HTML)は次のような感じです。

<script async src="//pagead2.googlesyndication.com/pagead/js/adsbygoogle.js"></script>
<ins class="adsbygoogle"
    style="display:block"
    data-ad-client="ca-pub-****************"
    data-ad-slot="**********"
    data-ad-format="auto"></ins>
    data-full-width-responsive="true"
<script>
    (adsbygoogle = window.adsbygoogle || []).push({});
</script>

表示される広告を「スクエア」か「横長タイプ」に限定する

表示される広告を「スクエア」か「横長タイプ」に限定するには data-ad-format="auto" となっていた部分を、data-ad-format="rectangle,horizontal" に変更します。

変更前)data-ad-format="auto"
変更後)data-ad-format="rectangle,horizontal"

スマホ画面の横幅いっぱいに広告が表示される時の対処法

スマホで自分のサイトに貼られた広告を見たときに、スマホ画面の横幅いっぱいに広告が表示されて、どう頑張っても左右にマージン(すき間)が追加できませんでした。

そんな時は data-full-width-responsive="true" という部分を false にすると左右のマージンが取れるようにりました。

変更前)data-full-width-responsive="true"
変更後)data-full-width-responsive="false"

上記の広告コード修正はポリシー違反にならない

上記のコードの修正は Google のポリシー違反に当たらないと下記の公式ページに書かれているので安心です。
レスポンシブ広告のタグパラメータの使用方法 – AdSense ヘルプ

以上です。
それでは、良きアドセンスライフを!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。