MacBook Pro の蓋を閉じてもスリープしないようにするターミナルコマンド

古い MacBook をファイルサーバーとして使おうと思案中です。
ただ、下記の理由から、ノートパソコンを閉じた状態で起動しておきたい。

MacBook の蓋(モニタ)を閉じて使いたい理由

  • 接地面積を小さくするため MacBook 本体を縦に置きたい。
  • うっかり、キーボードを押してしまうのを避けたい。
  • ホコリを防止したい。

スリープさせるか・させないか

  • 電気代を考えると適度にスリープしてくれたほうが良い。スリープ無しでも電気代が安いんなら大丈夫だけど。
  • 電気代は安そうなのでスリープなしにする。ただし、モニタの輝度は最低にしておく。
  • 外付け HDD のみスリープする設定できたので良かった。

MacBook Pro の蓋を閉じてもスリープしないようにする

通常、MacBook の蓋(モニタ)を閉じるとスリープします。

モニタを閉じてもスリープしないようにするアプリはあるみたいですが、Mac OS の標準機能で設定が変えられるのでやってみました。

下記のコマンドを入力することで MacBook Pro の蓋を閉じてもスリープしないようにできます。

sudo pmset -a disablesleep 1

コマンド入力後、下記のような表示が出るのでパスワードを入力します。

We trust you have received the usual lecture from the local System
Administrator. It usually boils down to these three things:

    #1) Respect the privacy of others.
    #2) Think before you type.
    #3) With great power comes great responsibility.

Password:

ちなみに、元の設定戻してスリーブを許可する場合は下記のコマンドを入力します。

sudo pmset -a disablesleep 0

以上です。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。